矯正歯科で骨格の歪み改善

矯正歯科に通うこと

プライベート

小児期に行う矯正歯科治療の利点

ゆっくりと時間をかけて力を加えると歯を動かすことができる性質を利用して歯並びを良くするのが矯正歯科での治療です。歯列矯正は大人になってからでも行えますが、子供のうちに治療を始めると負担が少なく、得られる効果も大きい可能性が高くなります。小児期から治療を始めれば、バランスの良い顎の骨の成長を促すことにもなり、健康な永久歯を抜かずに治療が行える場合もあります。矯正歯科での治療は費用もかかり長期間にわたる治療となるため、事前にしっかりと説明を受けて納得した上で治療を開始するのがよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 生活を基本から覚えよう. All rights reserved.