キリスト教の葬儀の作法

キリスト教の葬儀

プライベート

キリスト教の葬儀は言葉に注意

葬儀というと仏式が一般的ですが、近年キリスト教のやり方も増えてきています。キリスト教は2つの派があり、若干考え方や言葉の使い方が違いますが共通して注意することがあります。それは、死は終わりでなく神のもとに行けるという意味があるのでご愁傷さま、やお悔やみといった言葉は葬儀では使いません。また数珠も必要がなく、お焼香もありません。お焼香のかわりに白いカーネーションを献花します。キリスト教の場合は、言葉に気をつけて参列するようにします。

↑PAGE TOP

© Copyright 生活を基本から覚えよう. All rights reserved.